塗り替えチェック | 横浜・川崎で外壁塗装・リフォームをお考えの方は加々見塗装まで

塗り替えチェック

  1. 株式会社加々見塗装
  2. 塗り替えチェック

塗り替えチェック

新築時にはピカピカで汚れひとつなかった外壁も、時間が経てば汚れて傷みはじめます。雨、風、紫外線……常に外界にさらされている塗料の効果は、残念ながら永久に続くものではありません。

外壁塗装の本当の役割は、住まいの見た目を美しくすることではなく、雨・風・紫外線などから建物を守ること。塗装が傷んで劣化してしまうと、建物そのものに傷みが及んでしまいます。外壁塗装のタイミングが遅かった――ただそれだけで、大切なわが家の寿命が縮んでしまうことになります。

とはいえ、まだまだ塗装が丈夫な時期に繰り返し施工するのも家計のムダ。「一体どのタイミングにすればいいの?」という方に、目安となる塗替え時期をご案内します。

※目安表はあくまで目安です。建物や使用している塗料によって一番いい時期は違うので、確実な判断をするのであれば施工業者などにお尋ねください。

塗替え時期とサイン

外壁
築7~10年
外壁

雨・風・紫外線の影響で傷んできたら、早めに塗替えを。塗料によっては10年以上長持ちするものもあるので、ご自宅の気候条件などをふまえて選びましょう。色あせ・触ったときの粉の付着・ヒビ割れ・カビなどが起こったら、早めに塗替えましょう。

屋根
築5~8年
屋根

一番傷みやすいのが屋根!全体的な傷みはなくても、部分的な傷みが見られたら施工どきです。反り、変色、コケ、塗料の剥がれが発生したら早めに塗替えましょう。

鉄部
3~5年に一度
鉄部

鉄部では錆びや剥がれが起こります。放っておくと、除去とリフォームに大きなコストがかかります。

木部
3~5年に一度
木部

雨などにより劣化が進むと、表面がポロポロ剥がれて腐食し、シロアリの発生や雨漏りの原因になります。

防水
5年に一度
防水

室内にうっすらとシミができたり、目地にヒビが入ったり、カビや藻が発生したり、雨漏りが起こったりしたら要注意です。

ウレタン塗料 - コスト抑える -

店舗やアパートをはじめとした大型物件によく使われるように、比較的安価な塗料です。耐久性を求めない場合に安くキレイに仕上げることができます。ツヤが出やすい塗料なので店舗などにもオススメです。

◎高い汎用性

非常に扱いやすい塗料です。塗りやすいので誰が塗っても失敗が少ない塗料でしょう。

◎防カビ・防藻性

建物の美観を損なう藻やカビを防いでくれます。

◎安いけれど耐久性はイマイチ?

安く経済的ですが、耐久性が低いので長期的な外観維持にはあまり向きません。頻繁に外壁のカラーを変えたいという方には最適です。

職人から一言

今でもよく使われる塗料のうちの一つです。なんと言っても値段が安くて済みます。
職人にとっても塗りやすくてツヤも出しやすい塗料です。

耐久性こそ低いですが。これから新規開業される店舗などには費用が抑えられていいでしょう。ただ、10年に1度くらいの塗り替えを予定されている方にはちょっと耐久性が足りないでしょうか。

シリコン塗料 - 低価格と耐久性のバランスが良い -

塗装表面が硬くなるので綺麗に見えるうえに、高い防汚性を長期にわたって保ちます。一般的には10~12年と言われる耐久性はウレタンの1.5倍~2倍です。また透湿性に富んだ塗膜を形成し、塗膜の膨れや剥がれ、建物の内部結露の防ぐことも大きなメリットです。

◎高い耐久性

耐熱性に優れ、紫外線や湿気などのポリマー劣化要因に対して優れた抵抗性を示し、外壁を長期にわたり保護します。

◎防カビ・防藻性

建物の美観を損なう藻やカビを防いでくれます。

◎透湿性

シリコン塗料が持つ透湿性は空気中の余分な水分を排出してくれるので建物の壁の内側に発生する結露を除去してくれます。

職人から一言

これもよく見かける塗料です。どんな下地にも塗りやすく、すぐ乾くので職人にとっても作業しやすい塗料です。値段もお手頃で、それでいて耐久性もあるしツヤも出るので綺麗に見える。バランスの良い塗料でしょうね。もしかしたら今お住まいの建物にも、この塗料が使われているかもしれません。

遮熱塗料と断熱塗料について

1. はじめに

近年塗り替え工事の際には、何かと話題に上がる遮熱・断熱塗料。節電塗料・省エネ塗料・エコ塗料と呼ばれるものもありますが、それらの塗料もほぼこの遮熱・断熱塗料と同様と考えて差し支えないでしょう。
一体どのような特徴があるのか、またそれらの塗料を使用するとどのような効果が期待できるのかということを、このページで考えていきたいと思います。

まず、遮熱塗料や断熱塗料という似通った言葉を聞きますが、これら2つの塗料の特徴は全く違った特徴をもっています。遮熱塗料とは、遮(さえぎる)熱(ねつ)と書きますので、その名の通り、塗料(塗膜)によって、熱を遮ることを目的とした塗料です。
一方の断熱塗料は、断(断つ)熱(ねつ)と書きますので、こちらもその名の通り、 塗料(塗膜)によって、熱を断つ(遮断する)ことを目的とした塗料です。
どのようにして熱を遮ったり断ったりするのかということになりますが、まずその前に室外・室内温度上昇はどうのようにして行われるかということから考えてみたいと思います。

2. 温度上昇の原因

室内温度上昇の原因は、外気温や太陽光によって引き起こされます。外気温もまた太陽光により上昇しますので、主たる原因は太陽光といえます。
その他の原因として、室内電化製品も、室内温度を上昇させる原因の一つではありますが、太陽光と比べますとその要因はわずかですので、今回は太陽光のみで考えてみたいと思います。

太陽の光エネルギーは、約50%が赤外線、約47%が可視光、残りの3%は紫外線から成り立ち、この中で赤外線が熱を持った性質のエネルギーです。
太陽の高度により受ける赤外線の量が増えることになります。
太陽の高度が高い夏場は、光エネルギーを受ける割合が多く(赤外線や紫外線が増加)、高度が低い冬場は光エネルギーを受ける割合が少ない(赤外線や紫外線が減少)といったこととなります。

従いまして、赤外線量が増える夏場は温度が上昇し、反対に赤外線量が減る冬場は温度が低下することになります。

3. 遮熱塗料「高日射反射塗料」とは

2. において、熱の原因は赤外線ということがわかりました。
それならば、その熱エネルギーの影響を受けなければ、温度上昇は緩和されるということですので、その熱エネルギーを遮ることが出来る塗料が遮熱塗料というものになります。正確には遮熱塗料は、熱を遮るというよりも、熱エネルギーの赤外線をある程度反射することにより、直接的な熱エネルギーの影響をあまり受けないようにすることが出来る塗料となっています。

代表的な遮熱塗料

4. 断熱塗料とは

2. において、熱の原因は赤外線ということがわかりました。
遮熱塗料が熱の原因となる赤外線を反射することにより、表面に受ける赤外線量を減少させ、表面温度の上昇を妨げることが目的の塗料であるのに対し、一方の断熱塗料は、そのような遮熱塗料が持っている特徴は無く、熱を断つ(遮断する)ことが出来る特徴を持った塗料です。

塗膜表面の温度は時間が経過するにつれ、内部に進行していきます(熱の伝導)。
この進行する熱(伝導熱)を、遮断することが出来る塗料が断熱塗料です。
通常の塗料(塗膜)の場合では、すぐに熱が内部に伝わってしまうことになりますが、この断熱塗料の場合は、ある程度、熱が内部に伝わる時間を遅らせることが出来る事となり、内部の温度上昇に対する時間を抑え、結果的に内部の温度上昇を抑えることが出来ます。

ただし、塗料の場合の断熱という意味合いは、一般的な断熱材での考え方とは異なる側面があります。
通常の断熱材は熱エネルギーが通過しにくい素材をその素材の厚みによって、進行する時間を遅くします。
従いまして、グラスウール(熱エネルギーが通過しにくい素材)を50mmの厚さで設置することで断熱性能を持たせたり、また、厚みを50mmから100mmに変更したりしてその性能を高めたりします。

一方、断熱塗料の場合は、熱エネルギーが通過しにくい素材の塗料で塗装を行ったとしても、必要となる厚みが十分に取ることが出来ません。
塗膜自体の厚みは通常50μ程度。
仮に厚みがあったとしても1~2mm程度しかありませんので、通常の断熱材と比べますと、全く比較にならないほど薄いものです。

断熱性能だけ比べるとするならば、一般的な断熱材のほうがはるかに性能は良いといえます。
従いまして、塗料の場合は断熱塗料のみで使用するとそれほど断熱性能は上がりませんので、ほとんどの場合、遮熱塗料と組み合わせて使用することが多いようです。
遮熱塗料によって、表面の温度上昇を食い止め、その表面温度の内部への進行を断熱塗料によってある程度防ぐことが一般な断熱塗料の使い方になります。
塗料によっては、内部に進行している熱エネルギーを、塗膜内部の素材により熱エネルギーの反射作用を働かせて、さらに進行を遅らせている塗料などもあります。
遮熱塗料の製品の豊富さに比べますと、断熱塗料で上市されている塗料の数は非常に少ないです。

代表的な遮熱・断熱塗料

5. 遮熱塗料・断熱塗料により期待できる効果と建物構造

遮熱塗料・断熱塗料どちらも、室内温度の上昇を防ぐ目的で使用されますが、ここで一番重要なことは、どのような構造の建物でも一定して同じ効果は得られないということです。
建物の用途や形状により、既存の断熱設備がどれくらいあるかによって全く違った結果になります。
一番効果が出やすいと言われている建物は倉庫や工場(例外もあり)になりまして、これらの建物の場合は、ほとんど断熱材などの断熱層がない場合が非常に多いため、比較的一番効果が出やすく、また、節電効果も期待出来ると言われております。

一般的に遮熱・断熱カタログの中で、製品の比較のために紹介されている写真やグラフなども、このような理由から倉庫や工場、またはプレハブなどで実験した結果やサーモグラフィーの写真などを載せていることが多いです。
逆に効果があまり期待出来ない建物はと言いますと、私達が生活している戸建住宅となります。
ページトップへ